*

テクニカル分析の基本知識④:「MACD」とは?

こんばんは。

前回は、「RSI」の概要と使い方についてご紹介しました。

それでは、今回は、「MACD」の概要と使い方について解説していきたいと思います。

MACDが何なのかというと、「Moving Average Convergence Divergence(移動平均線収束拡散法)」の頭文字を取ったもので、トレンドの転換を予想する指標とまずは頭の中に置いておいていただければ十分です。MACDは2本の線から構成され、その2本がクロスする時がトレンドが転換する可能性がある、という風に判断します。

では、実際に以下のチャートの画像をご覧ください。

上記のチャートは、もうおなじみですが、個人的にチャートが一番見やすいと思う外為どっとコムさんのスマホのチャートです。

チャートは米ドル円の日足チャートです。緑や赤のローソク足1本が1日の為替レートを表しています。

早速ですが、MACDは、短期の12日平均線と長期の26日平均線の2本からなります。長期線を短期線が超えていくことをゴールデンクロスといい、上昇トレンドに転換していくことを表します。逆に、長期線を短期線が下に割り込んでいくことをデッドクロスといい、下落トレンドに転換していくことを表します。
それでは、チャートに囲んだ白い太い円をご覧ください。まずは2019年8月にMACDがデッドクロスを形成し、続いてゴールデンクロスを形成しています。そして、実際にデッドクロスの後に下落トレンドになり、ゴールデンクロスの後に上昇トレンドになっているのがわかると思います。

実際のチャート分析では、ゴールデンクロスを確認したらその後円安トレンドへの転換を予想し、「買い」でエントリーします。逆に、デッドクロスを確認したらその後円高トレンドへの転換を予想し、「売り」でエントリーします。

次回は、番外編として「ぱっと見テクニカル」の概要について解説していきます。

⇒「ボリンジャーバンド」とは?
⇒「RSI」とは?
⇒「ぱっと見テクニカル」とは?

関連記事

no image

テクニカル分析の基本知識⑤:(番外編)「ぱっと見テクニカル」とは?

こんばんは。 前回は、「MACD」の概要と使い方についてご紹介しました。 それでは、今回は、「ぱっ

記事を読む

no image

テクニカル分析の基本知識③:「RSI」とは?

こんばんは。 前回は、「ボリンジャーバンド」の概要と使い方についてご紹介しました。 それでは、今回は

記事を読む

no image

テクニカル分析の基本知識①:「チャート分析」とは?

こんにちは。 前回までで、FX初心者にオススメなFX口座を案内してきましたので、今回からテク

記事を読む

no image

テクニカル分析の基本知識②:「ボリンジャーバンド」とは?

こんばんは。 前回は、「テクニカル分析」では、「ボリンジャーバンド」、「RSI」、「MACD」の3つ

記事を読む

no image

テクニカル分析の基本知識⑥:「テクニカル分析」の実例とは?

こんばんは。 前回は、「ぱっと見テクニカル」の概要と使い方についてご紹介しました。 それでは、今回は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

相場分析(2020/1/6)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 今回

相場分析(2019/12/23)

おはようございます。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行

相場分析(2019/12/16)

おはようございます。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行

相場分析(2019/12/9)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていき

相場分析(2019/12/2)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていき

→もっと見る

  • 金持ち父さん見習い

    東京大学経済学部卒のサラリーマンです。
    10年ほど前に、老後の生活に不安を覚え、国内株の長期投資を始め、その後、リーマンショック後にFX取引を開始しました。
    本業が多忙であることもあり、最終的には、FXのトラップトレードでほったらかしにしながらも安定して稼げるのが一番との結論に達しました。
    しかし、トラップトレードは初心者向きのトレード手法ではないので、ここで紹介するのは、FXを始めたい方がどのようにFXを学び、トレード技術を磨けばいいか、です。
    よろしければ、参考にしていただけたら幸いです。

    なお、以下のサイトでループイフダンを使用したトラップトレード手法を公開していますので、興味がありましたらぜひご覧ください!
    東大経済学部式FXトラップトレードのススメ

    PAGE TOP ↑