*

スウィングトレードの具体的手法②:トレードのサイン

こんばんは。

前回からスウィングトレードの具体的な手法について紹介しています。

今回は、トレードのサインについてご紹介していこうと思います。

以前に、「テクニカル分析」に使用する3つの指標(「ボリンジャーバンド」「RSI」「MACD」)について解説しましたが、その3つを組み合わせてトレードのサインとします。
⇒テクニカル分析の基本知識②:「ボリンジャーバンド」とは?
⇒テクニカル分析の基本知識③:「RSI」とは?
⇒テクニカル分析の基本知識④:「MACD」とは?

「買い」のトレードサインについて具体的に紹介していきます。
1.「週足ボリンジャーバンド」が-2σにタッチ
2.「日足MACD」がゴールデンクロスを形成
3.「週足MACD」がゴールデンクロスを形成
4.「日足RSI」または「週足RSI」でダイバージェンスが発生

以上のように1と2をクリアしたら1千通貨エントリーし、さらに3もクリアしたら1千通貨追加という感じです。そして4までクリアしたら数千通貨追加します。

ポイントとしては、「ボリンジャーバンド」と「MACD」だけでは割と信ぴょう性が低いので、せいぜい1通貨ペア当たり2千通貨までのエントリーとすることです。
「RSI」のダイバージェンスが出るとかなり確度が上がりますのでその時の保有ポジションを見ながら追加でポジションを建てるのがオススメです。また、「ぱっと見テクニカル」も参照しながら、将来のチャートが円安トレンドを予想する場合は追加のエントリーを検討するのもアリです。

なお、「売り」の場合は、上記の逆になりますので、割愛させていただきます。

トレードのサインは、なるべくシンプルな方が実際にトレードしやすいので上記くらいで十分だと思います。

次回以降は、実際の相場の状況を見ながらどうトレードするのが良さそうかを検証していきます。もちろん、利益を約束するものではありませんが・・・。

⇒スウィングトレードの具体的手法①:通貨ペア・通貨量

なお、本記事のトレードで実際に使用しているマネーパートナーズさんの『パートナーズFX nano』100通貨単位の取引ができる数少ないFX会社さんの一つであることから、メインのトレード口座として私は重宝しています。
以下のバナーから口座開設ができますので、口座開設がまだの方はご検討してみてはいかがでしょうか?。

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

また、SBI FXトレードさん1通貨単位の取引ができる唯一のFX会社さんなので、どうしても少額でFXを始めてみたい方にはオススメです。以下のバナーから口座開設ができますので、口座開設がまだの方はご検討してみてはいかがでしょうか?。

SBI FX

関連記事

no image

スウィングトレードの具体的手法①:通貨ペア・通貨量

こんばんは。 今回からついにスウィングトレードの具体的な手法について紹介していきます。 まずは、使用

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

相場分析(2020/1/6)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 今回

相場分析(2019/12/23)

おはようございます。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行

相場分析(2019/12/16)

おはようございます。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行

相場分析(2019/12/9)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていき

相場分析(2019/12/2)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていき

→もっと見る

  • 金持ち父さん見習い

    東京大学経済学部卒のサラリーマンです。
    10年ほど前に、老後の生活に不安を覚え、国内株の長期投資を始め、その後、リーマンショック後にFX取引を開始しました。
    本業が多忙であることもあり、最終的には、FXのトラップトレードでほったらかしにしながらも安定して稼げるのが一番との結論に達しました。
    しかし、トラップトレードは初心者向きのトレード手法ではないので、ここで紹介するのは、FXを始めたい方がどのようにFXを学び、トレード技術を磨けばいいか、です。
    よろしければ、参考にしていただけたら幸いです。

    なお、以下のサイトでループイフダンを使用したトラップトレード手法を公開していますので、興味がありましたらぜひご覧ください!
    東大経済学部式FXトラップトレードのススメ

    PAGE TOP ↑