*

ポンド円長期相場分析(2019/11/29)

おはようございます。

新たに行っている各通貨ペアについて月足チャートをテクニカル分析し、トレードルールを見直ししていこうという取り組みの第5弾です。

見直しをしようと思ったのは、収益率の更なる拡大のために長期トレンドに沿ったスウィングトレードを意識した方がベターだと考えたからで、メイントレンドであるループイフダンの手法も見直そうと考えています。
東大経済学部式FXトラップトレードのススメ

もともとのトレードルールは、「米ドル円」と「豪ドル円」「買い」のみでエントリーし、「ユールドル」「買い」と「売り」両方でエントリーし、「ユーロ円」、「ポンド円」「売り」のみでエントリーすることにしていました。この縛りを廃止して、原則、全ての通貨ペアについて「買い」と「売り」両方でエントリーできることにしますが、月足チャートをテクニカル分析した結果に基づいて、その結果に沿った方向でトレードするようにします。最新のトレード手法については以下のリンクで確認してください。こまめにアップデートしていくようにします。
スウィングトレードの具体的手法①:通貨ペア・通貨量

それでは、「ポンド円」の長期トレンドについて分析します。

早速ではありますが、以下のチャートをご覧ください。以下のチャートは、ポンド円の月足のチャートです。
なお、チャート画像は、個人的には一番見やすいと思っている、いつもおなじみ外為どっとコムさんのものです。

黄色い2本の線を見ていただければお分かりかと思いますが、ちょっと漠然としたレンジ相場に近い三角持ち合いの状態にあり、現在も進行中と言えます。なお、直近の安値である120円付近でレジスタンスライン(抵抗線)になりそうに見受けます

次にご注目いただきたいのは、MACDです。ちょっと見ずらいですがぎりぎりデッドクロスとなっており、まだゴールデンクロスに転換しそうには見えませんが、中央付近で収束していますのでレンジ相場となるかもしれません。したがって、現在のルールどおり、「売り」目線での順張りスタイルよさそうですが、レンジ相場であれば、「買い」も検討できそうです。

したがって、個人的には「売り」目線の順張りスタイルを基本に、一応、「買い」も選択肢に持っておく感じだと思います。細かいエントリー方法は日足チャートや週足チャートを見ながら考えようと思います。

さらに、FXプライムさんの『ぱっと見テクニカル』でもトレンドを確認しておきます。以下のチャートをご覧ください。

見てのとおり、月足チャートの『ぱっと見テクニカル』で、一致率71%で上昇トレンドに転換のサインが出ていますね。どちらかというと、レンジ相場気味になりそうですね。

したがって、前述のとおり、今後は下落気味のレンジ相場となりそうに思われますので、トレードの方向性としては、「売り」目線での順張りスタイルを基本として、レンジ相場であれば「買い」を検討する感じでよいと思います。細かいエントリーの戦略については、その都度、記事にしますので参考にしていただければと思います。
スウィングトレードの具体的手法①:通貨ペア・通貨量

上記のように、FXプライムさんの『ぱっと見テクニカル』だと、過去のチャートとの一致率で将来のトレンドを予想するもので、実際に当たるかどうかは別として客観的な判断材料になることと、とにかく分かりやすいことから私は重宝しています。

以下のバナーからFXプライムさんで口座開設ができ、口座開設すれば様々な通貨ペアで『ぱっと見テクニカル』が利用できますので、口座開設がまだの方はご検討してみてはいかがでしょうか?。

FXプライムbyGMO[ぱっと見テクニカル]

以上、ご参考にしていただければ幸いです。
(なお、実際にトレードを行う際には自己責任でお願いします。)

関連記事

豪ドル円長期相場分析(2019/11/19)

こんばんは。 新たに行っている各通貨ペアについて月足チャートをテクニカル分析し、トレードルールを見直

記事を読む

相場分析(2019/10/21)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていきたいと思います。 実際の相場の

記事を読む

相場分析(2019/12/2)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていきたいと思います。 実際の相場の

記事を読む

相場分析(2019/12/9)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていきたいと思います。 実際の相場の

記事を読む

【番外編】相場分析(2019/10/12)

こんばんは。 今回の相場分析は、通常取り扱っている通貨ペアではない南アフリカランド円に関するもので

記事を読む

相場分析(2019/11/4)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていきたいと思います。 実際の相場の

記事を読む

ユーロドル長期相場分析(2019/11/26)

こんばんは。 新たに行っている各通貨ペアについて月足チャートをテクニカル分析し、トレードルールを見直

記事を読む

相場分析(2019/11/24)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていきたいと思います。 実際の相場の

記事を読む

相場分析(2019/10/14)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていきたいと思います。 実際の相場の

記事を読む

相場分析(2019/10/29)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていきたいと思います。 実際の相場の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

相場分析(2019/12/9)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていき

相場分析(2019/12/2)

こんばんは。 今回もテクニカル分析の観点から現在の相場分析を行っていき

ポンド円長期相場分析(2019/11/29)

おはようございます。 新たに行っている各通貨ペアについて月足チャートを

ユーロ円長期相場分析(2019/11/29)

おはようございます。 新たに行っている各通貨ペアについて月足チャートを

ユーロドル長期相場分析(2019/11/26)

こんばんは。 新たに行っている各通貨ペアについて月足チャートをテクニカ

→もっと見る

  • 金持ち父さん見習い

    東京大学経済学部卒のサラリーマンです。
    10年ほど前に、老後の生活に不安を覚え、国内株の長期投資を始め、その後、リーマンショック後にFX取引を開始しました。
    本業が多忙であることもあり、最終的には、FXのトラップトレードでほったらかしにしながらも安定して稼げるのが一番との結論に達しました。
    しかし、トラップトレードは初心者向きのトレード手法ではないので、ここで紹介するのは、FXを始めたい方がどのようにFXを学び、トレード技術を磨けばいいか、です。
    よろしければ、参考にしていただけたら幸いです。

    なお、以下のサイトでループイフダンを使用したトラップトレード手法を公開していますので、興味がありましたらぜひご覧ください!
    東大経済学部式FXトラップトレードのススメ

    PAGE TOP ↑